『Quick Cash』農村に住む人々に国際送金を実現!越境商品売買を可能に!

QuickCashはコートジボワール拠点にアフリカでで展開している、農村からでも手軽に国際送金できるサービス提供しているスタートアップである。

サービス概要

QuickCashはアフリアで国際送金の提供に成功した最初の会社である。主にコートジボワールの農村に住む人々の国際送金サービスとして使用されている。

2010年以来、コートジボワールの300の農村でのサービス展開に続き、ブルキナファソ、ナイジェリア、トーゴといったアフリカの国々でもサービス網を拡大し、おおよそ50万人の人々に幅広いサービスを提供している。

参照元:
https://ges2016.squarespace.com/ges-2016-speakers/2016/5/19/zoundi-yao-patricia
https://www.africatopsuccess.com/patricia-zoundi-le-cerveau-derriere-quickcash-le-transfert-dargent-des-paysans/

企業基本情報

起業家情報

代表:Patricia Zoundi Yao
出身:コートジボワール
学歴:Faculte de Droit et de Sciences Politiques de Ouagadoudouにて修士取得
年齢:43(2019年時点)

会社概要

企業価値:不明
サービス提供国:コートジボワール
従業員数:40(2016年時点)
推定資金調達額合計:不明

事業沿革

  • 2010.6 国際送金サービス開始
  • 2013   カードへの送金サービス開始
  • 2014.4 ビジネスコンテストで約€15,000 (10M FCFA)の資金調達

参照元:
https://www.africatopsuccess.com/business-competition-ivorian-zoundi-patricia-rewarded-for-her-quickcash-project/

設立までの背景

創業者の背景

大学卒業後、叔父から地元の銀行と一緒に国際送金ビジネスを始めるため、手伝って欲しいと声をかけられたのが、国際送金ビジネスを始めるきっかけになった。

2006年には自身の最初の国際送金会社を立ち上げた。当時はMoyen GramとWesterUnionの代理店として活動したが、既存マーケットではサービス拡大が難しくあまり大きな成果は出せなかったものの、競争が厳しいマーケットであることを学べ、この経験がのちのビジネスモデルに大いに役立っている。

市場背景

既存の送金プラットフォームは、農村部では普及していなかった。その原因としては、電気の供給不足やインターネットの不整備、農村に住む人々の低収入などが挙げられる。

農村部の人々が国際送金を行うためには、長距離を移動する必要があった。その移動には長い場合、2日間もかかる人もいた。その道中も決して安全ではなく、武装した泥棒にお金を盗まれる危険性もある。

また、移住先の国で働いて得た資金を母国へ送金する際、その送金方法に問題を抱えていた。

アフリカでは母国以外に移住して働くケースが珍しくなく、そのような移民が働いて得たお金を安全に蓄える手段がなかった。

サービス詳細

農村の住民は送金するために都市部まで足を運ぶ必要があったが、QuickCashの受付窓口が農村部にもあるため、気軽に送金できるようになった。

ATMで受け取りもできるため、銀行の営業時間を考慮することなく、必要な時に自由にお金を引き出すことができる。

この国際送金は移住先の国で働いて得た収入を、母国の銀行口座に預けて、安全に保管するためにも使用されている。

送金方法は主に以下の3つがある。

1. 現金の直接送金

昔からある個人間で現金を送金する方法で、送金は数分間で完了する。送金者は現地通貨で送金し、受け取り手は自身がいる現地通貨で現金を受け取る。

希望すれば送金が完了した時に、送金者はその旨をSMSで通知を受けることができる。

送金ステップ
  1. 最寄りのQuickCashの窓口を探す。
  2. 身分証明証を持ってQuickCashの窓口を訪問する。
  3. 書類に必要項目を記入し、送金する現金と送金手数料を受付に支払う。
  4. 送金が完了すると、受付から12桁の管理番号を受け取る。
  5. 現金の受け取り手に管理番号、送金パスワード、送金額を伝える。
受け取りのステップ
  1. 送金者から管理番号、パスワード、受取金額を教えてもらう。
  2. 身分証明証を持ってQuickCashの窓口を訪問する。
  3. 受け取り用の用紙に必要事項を記入して窓口に提出、現地通貨で現金を受け取る

現金を銀行口座へ送金

外国で働いて稼いだお金を母国に送金する人々の割合が高いアフリカでは、母国へ送金する方法が常に頭痛の種になっていた。

多額の送金手数料が必要だったり、送金が完了するまでに何日もかかったり、そもそも働き先の国で銀行口座を持っていないために、母国の口座へ送金できないという人々もいる。

そういう人たちにこの送金方法は大いに役立っている。
現金を短時間で指定の国の銀行口座に送金することができるのだ。

送金の方法は以下のとおりである。

送金ステップ
  1. QuickCashの窓口を探す。
  2. 身分証明証を持ってQuickCashの窓口を訪問する。
  3. 書類に管理番号や送金先の銀行名などの必要項目を記入し、送金する現金と送金手数料を受付に支払う。
  4. 送金が完了すると、受付から12桁の管理番号を受け取る。この番号は、問い合わせの際に必要なので、大切に保管する。
  5. 最大48時間以内に指定口座に入金される。

現金をカードへ送金

カード所有者は24時間、365日好きな時にGIM-UEMOAネットワークと提携している銀行のATMから現金を引き出せる。

また、このカードを使って買い物もできるし、銀行のキャッシュカードと同じ役割を果たすこともできる。

必要に応じて必要な額だけ引き出せるので、旅行者や学生、銀行口座を持っていない人に大いに役立っている。

送金ステップ
  1. QuickCashの窓口を探す。
  2. 身分証明証を持ってQuickCashの窓口を訪問する。
  3. 書類にカード番号やカード所有者の氏名といった必要項目を記入し、送金する現金と送金手数料を受付に支払う。
  4. 手続きが完了すると、現金は直接カードに送金される。送金番号やパスワードは必要ない。受付から送金番号を受け取る。万一の問い合わせなどで必要な番号なので、大切に保管する。
カードから現金を引き出すステップ
  1. カードを持ってATMに行く。
  2. ATMの使用手順に従い、現金を引き出す。

World Remitとの業務提携

150カ国、90種類を超える通貨の国際送金サービスを提供している大手送金サービス会社World RemitとQuick Cashが2018年に業務提携を締結した。

これでコートジボワールに旅行に来た外国人も現地で現金を引き出す際、World Remitを通してコートジボワールに送金し、QuickCashの窓口から現金を受け取ることができるようになった。

この提携により、50を超える国からコートジボワールに現金送金ができるようになった。引き出し手数料は銀行を介す時より引き出し手数料は安くなった。

さらに初回に限り手数料が無料になる特典もある。2回目以降は送金額や通貨、どの国からの送金かにより異なるが、$3.99~$24.99の手数料が発生する。

参照元:https://transumo.com/worldremit-review/

競合・サービス拡大

既存の大手送金会社のプラットフォームには乗らず、農村の文化と伝統に則したサービスを展開しているのが特徴である。

これまでは都市部に住む人を中心に送金サービスが展開されていたが、QuickCashは農村部の人々がいかに安全で気軽にサービスを利用できるのかという点と、外国に出稼ぎに行き現地での生活基盤が整っていない人々でも、母国への仕送り手段として気軽に利用できるのかという点に着目したところが、他の競合企業と差別化を図ることができサービス展開に大きく寄与している。

参照元:
https://www.worldremit.com/en/news/worldremit-and-quickcash-launch-instant-money-transfers-to-ivory-coast

今後の展開

現在のアフリカ4カ国に留まらず、アフリカ中の国々の農村で送金サービスを利用できるよう、サービス適用国を増やしていく。

最新情報をチェックしよう!