『Edfa3ly』輸出入の手続きを全て代行!URL入力のみで世界中の商品が買える

Edfa3ly(エドファリー)とはアラビア語で「Pay for me(私の代わりに支払って)」という意味であり、エジプト発の個人輸入代行サービスを行う会社である。

サービス概要

エドファリーのサイトを通じて海外のオンラインショプで商品を購入すると、購入手続きから発送手配まで全て一貫して代行してくれる。

下記の様に海外のECサイトで購入・輸入したい商品があればそのURLをコピペすることで購入が可能だ。

日本にもオフィスがあるため日本語サイトもあり、何かあった場合のサポートも日本語で受けられる。以下では日本語で購入手続きを説明している。

企業基本情報

起業家情報

代表:Ahmed Hegab(Co-Founder & CTO)、Mohamed Attya(Co-Founder & CEO)、Mohammad Hesham Shalaby(Co-founder & COO)
学歴:Ain Shams University他

会社概要

サービス提供国:中東、アメリカ、イギリス、UAE、日本
従業員数:50−200名
2015年売上高:1480万ドル
推定資金調達額合計:250万ドル(2018年までに)
ホームページ:https://jp.edfa3ly.com/

事業沿革

  • 2010. エジプト出身の3人の設立者により、Facebookページとしてスタート
  • 2010.10.14 エジプトオフィス設立
  • 2012.10.25 アメリカオフィス設立
  • 2012. Tamkeen Capital(エジプトのキャピタルベンチャー)から約18万3ドルを調達。新規採用とマーケティングに注力。クウェートとサウジアラビアなど中東市場でのテスト運用から事業を始め、成功を収めた。
  • 2012. 売上高約200万ドル
  • 2015. 売上高約1480万ドル
  • 2016. 米国の500Startups、スイスのAce and Company、ドバイやクウェートからのエンジェル投資家、さらにはTamkeenなどから100万ドル調達。エジプト市場の開拓に注力。しかし、エジプトポンドの大幅下落により約25万ドルの損失。
  • 2017.5.9. 日本オフィス(大阪)設立
  • 2018. Forbesによる2018年中東の有望企業12社中10位にランクイン

※参照元
https://edfa3lyjapan.zendesk.com/hc/ja
https://www.linkedin.com/company/edfa3ly/people/?facetSchool=12165
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/dc0d01678915e238/20180042.pdf
https://www.linkedin.com/in/ahmedmhmd/
https://jp.edfa3ly.com/about
https://www.crunchbase.com/search/funding_rounds/field/organizations/funding_total/edfa3ly
https://www.wamda.com/2017/02/edfa3ly-finds-kuwaiti-safe-haven

設立までの背景

エドファリーは、エジプト人が米国のオンラインショップからより様々な支払い方法でよりタイムリーに商品を購入できないかという思いから設立された。

それまで米国のオンラインショップは米国の銀行で発行されたクレジットカードでしか今朝胃ができないことが多かった。エジプトでは約2%以下の人しかクレジットカードをもっておらず、米国発行のカードを持っている人はさらに低い比率となる。

エドファリーはオンラインショップでの購入、支払い、税金の支払い、そして配送などの全ての手続きをワンストップで代行することで、米国から輸入された商品をもっとポピュラーにすること、そして米国や英国とエジプトの消費活動の架け橋となるよう、サービスを提供している。

市場背景

エジプトは中東においてUAE、サウジアラビア、クウェートに並んで多くのeコマースユーザーを持っていると言われ、その規模は3000万人と言われている。

エドファリーはB2B向けサービスとしても評価され得る。各国のセラーが、エドファリーのサービスを利用することにより、「ローカライズされた方法でグローバルに商品を販売する」ことを可能にしたのだ。

というのも、エドファリーを通じて海外から購入された商品は直接購入者の手元に発送されるのではなく、一度各国にあるエドファリー所有の倉庫へ国内配送されることとなる。

そこから海外の購入者への発送やそれにともなう輸出手続きは全てエドファリーが代行するため、セラーは海外への商品発送の知識がなくても、世界各国にいる消費者へ自社の製品を販売することができるのである。

これにより、セラーは世界中の200以上のオンラインショップ市場において、20億人以上のオンラインショップユーザーに向けて商品販売を行うことが可能になった。

※参照元
https://500.co/startup/edfa3ly/
https://www.linkedin.com/company/edfa3ly?trk=public_profile_position_image

サービス詳細

利用方法は3ステップ

  1. 商品をカートに入れる
    好きなオンラインショップで購入したい商品を探し、その商品のURLをエドファリーの注文ページに貼り付ける。海外AmazonやeBayなどの有名サイトを始め、ほぼ全ての海外オンラインショップで購入可能である。
  2. 送料を計算する
    欲しい商品を注文ページに貼り付けカートに入れ、それぞれの商品情報を入力すると、その場で送料を含めた合計金額が表示されるので、支払いをする。(一部送料未定の場合は後日メールで連絡が来る。)支払いはクレジットカード、銀行振込、PAYPALの3つから選択できる。このときに輸入に必要な関税消費税等も事前に支払うことになる。
  3. 到着を待つ
    購入者が行う手続きは以上。エドファリーが各ショップから購入手続きを行い、一度商品はエドファリーの倉庫(アメリカ、イギリス、UAE(ドバイ)、日本)へ発到着し、その後購入者の元へ発送される。

利用ルール、料金など

リードタイム

注文~エドファリー倉庫到着が1週間~10日、エドファリーの倉庫~購入者の自宅到着がさらに1週間~10日程度なので、注文から自宅到着までは2週間~20日程度かかる。

営業時間

日本オフィスは平日9~17時まで営業しており、不明点などは日本語で電話、メール、チャットでサポートしていくれる。

対応オンラインショップ

アメリカ、イギリス、UAE(ドバイ)、日本へ発送対応しているショップであればほぼ全てから購入が可能である。

料金

商品代金、国内送料、国際送料、輸入消費税・関税、購入代行手数料(商品価格+国内送料の5%)

関税

商品価格16,666円までは関税無料。超える場合は、エドファリー独自の関税率による。購入時に選ぶ商品カテゴリーなどによって変動するが、公式ホームページに記載の関税率は以下の通りである。

アクセサリー:13%
服/ハンドバッグ/靴:17%
革製品/靴:27%
おもちゃ/キッチン用品:11%
その他:7%

※参照元
https://edfa3ly.jp/
https://jp.edfa3ly.com/How-it-Works

在庫を持たない強み

エドファリーは従来の物流業者とも、販売者とも、オンラインショップとも異なる輸入仲介者である。

すでに顧客が購入した商人を流通させるだけなので在庫を持つ必要がなく在庫リスクが低いため、固定コストさえカバーできればすぐに利益を出すことができる。

https://www.wamda.com/2017/02/edfa3ly-finds-kuwaiti-safe-haven

今後の展開

2016年のエジプトポンド大幅下落によりエジプトでの事業は一度失敗しているものの、中東・湾岸諸国市場のさらなる拡大のチャンスはあると思われ、それを糧にしてアフリカでの成功を収めることを目論んでいる。

設立当初はエジプトには競合相手はおらず独占状態であったが、現在はほぼ同じビジネススタイルを持つLynksのような追随者が現れて来ている。

エドファリーがアメリカ、UAE、イギリス、ヨーロッパ、アジアのオンラインショップに対応しているのに対して、Lynksはアメリカと中国のみである。

※エドファリー提携ショップ(エドファリーホームページより)

またLynksはエジプト内のみで購入・輸入が可能なのに対して、エドファリーはアメリカ、イギリス、UAE、日本でも購入・輸入が可能だ。

今後も先駆者としてエジプトの巨大eコマース市場をどう開拓していくか、シェアをどうキープしてゆくかが、今後の成功のカギとなりそうだ。

※参照元
https://www.wamda.com/2017/02/edfa3ly-finds-kuwaiti-safe-haven

最新情報をチェックしよう!