『Halan』バイクタクシー、フードデリバリーをエジプトとスーダンで展開

Halanはエジプトの首都カイロに拠点を置くスタートアップである。

サービス概要

信頼できるトゥクトゥクとバイクを注文できるライドシェアサービスHalan。ドライバーたちはトレーニングのプログラムを受けており、乗車前にアプリで値段とドライバーの評価がわかるようになっている。

タクシーでのほかにも、Halan Deliveryで引越しや、食べ物(マクドナルド、KFC、ピザハット、ハーディーズなどと提携)などの配送サービスも行っている。法人用の配送サービスもある。現在はエジプトとスーダンでサービスを展開している。

企業基本情報

起業家情報

代表:Mounir Nakhla
出身:カイロ(https://www.facebook.com/mounir.nakhla参照)
学歴: London School of Economics(博士号)
European Business School(学士号)

会社概要

企業価値:不明
サービス提供国:エジプト・スーダン・エチオピア
従業員数:200-500(linkedln調べ)
ホームページ:https://www.halan.com/
推定資金調達額合計:2000万ドル

※参照元:
https://www.linkedin.com/company/halan
https://www.reuters.com/article/us-egypt-economy-halan/egyptian-tuk-tuk-start-up-halan-to-expand-to-ethiopia-idUSKBN1W41PC

事業沿革

  • 2017年
    11月起業、1年以内にアプリは50万回のDR、300万回以上のサービス利用、App Annieで一位になる。
  • 2018年
    国際的な投資家Battery Road Digital Holdingsと、エジプトの有名なベンチャーキャピタルAlgerba Venturesから400万ドル以上の資金調達シリーズAを獲得した。
  • 2019年
    1000万回の乗車もしくは配達、アプリの100万回DRを達成した。
  • 2019年9月
    サービス対象地域をエチオピアに広げた。

※参照元:
https://endeavor.org/entrepreneur/mounir-nakhla/
http://seethrumag.com/halan-cairos-transportation-for-masses-raises-multi-million-investment/
https://www.menabytes.com/halan-10-million-rides/
https://www.reuters.com/article/us-egypt-economy-halan/egyptian-tuk-tuk-start-up-halan-to-expand-to-ethiopia-idUSKBN1W41PC

設立までの背景

創業者の背景

2010年に2~3輪車の販売を行うマイクロファイナンス会社Mashroey を設立し、社長として働いていた。現在はエジプト全土に100以上の支店と店舗をもつ大きな会社。

2015年マイクロファイナンスの会社Tasaheelを設立し、エジプトで2番目の大企業にした。起業後4年も経たないうちに、200以上の支店と6000以上の従業員を雇うまでに成長した。

市場背景

リサーチステーション合同会社の調査レポートによると、ライドシェアの世界市場は2018年段階では613億ドル(約7兆円)で、2025年には3倍以上に市場が拡大する予想がなされている。

しかしUberやLyft、Taxifyなどの大手が強い。

※参照元:
https://www.halan.com/
https://endeavor.org/entrepreneur/mounir-nakhla/
http://researchstation.jp/report/MAM/13/Ride_Sharing_2025_MAM1383.html

競合について

Uber、Careemなどがあげられる。UberやCareemが進出していないサービスが不十分な地域に向けたサービス展開をしていた。またエジプトには約700000台のトゥクトゥクがあると言われているが、Uberは月に90000のドライバーしか提供できていない。

最新情報をチェックしよう!