『kisafi』家事代行サービスのプラットフォーム

kisafiはケニア・ナイロビで家事代行サービスのプラットフォームを展開しているスタートアップ企業である。

Kisafiはスワヒリ語で「清潔」を意味する言葉で、“幸せな家事労働を可能にすることで消費者に幸せな家庭を作る”ことを事業理念としている。

サービス概要

ケニアのナイロビにて設立されたKisafiは家事代行サービスのプラットフォームだ。

顧客はアプリやwebサイトを通して、数回のクリックだけで必要な人材とサービスを確かな信頼と保証された品質をもって獲得することができる。

家での掃除や洗濯に人手が必要になった場合、ケニアでは信頼がおけて仕事もできる家政婦を雇う事は難しい。

特に見知らぬ人を家に入れる場合、盗難の被害にあう可能性や、強い化学薬品を用いた清掃をされる可能性もある。
一流の仕事ができる人を一から探すことは困難であり時間の無駄だ。

一方、家政婦は仕事を探すために不動産業店の前に座り昼夜仕事を探して回る。
収入は安定しておらず、雇用先で嫌がらせを受ける可能性もあり、彼らは一切身の保証が無い環境で働かなければならない。

Kisafiはこういった顧客と働き手のジレンマを一挙に解決してくれる家事代行サービスのプラットフォームである。洗濯、掃除、ガスの配達などのサービスを提供している。全ての従業員はバックグラウンドを調査し、信頼のおける人材のみを雇用している。

企業基本情報

起業家情報

代表:Janet Otieno, Femi Odunuga、Sarah Nakintu、Neeraj Sharmaによる共同代表
出身:ナイロビ、ラゴス、ニューヨーク、カンパラ
学歴:不明
年齢:20代・30代

会社概要

企業価値:非上場企業
サービス提供国:ケニア共和国
従業員数:不明
ホームページ:https://kisafi.com/
推定資金調達額合計:不明

事業沿革

  • 2015年12月:信頼できるクリーニングサービスの必要性を示唆し事業を開拓
  • 
2015年12月:友人・親族を介して試験導入
  • 2016年4月:投資家からの支援を受けkisafiを設立

市場背景

「私は多くの出張が必要となる仕事に携わっている。通常はホテルサービスを利用しているが、ナイロビのアパートへ引っ越した際、家政婦を雇うことに苦労した。」と共同代表であるジャネット・オティエノは話している。

彼女と同じような経験をした男女4人が集まって家事代行サービスへアクセスできるプラとフォームが必要であるとし、kisafiの設立へと至った。

2015年当初の顧客はナイロビ内の親族や友人、隣人であった。

サービスの利用はkisafiのwebサイトかfacebookなどのソーシャルネットワークを通してのみ行われていたが、2016年の設立時にgoogle playアプリを導入したことによって4か月で顧客が4000人まで増加した。(2016年4月当初)

サービス詳細

顧客はkisafiのwebサイトまたはgoogle playアプリからサービスへとアクセスできる。
数回のクリックと最低限の情報入力だけでスピーディにサービスが受けられることが魅力だ。

洗濯サービスにおいては、青いkisafiバッグが自宅に支給され、利用者はその中に洗濯してほしい服やシーツなどを入れる。
この際、重量や品数は関係なく、kisafiバッグに入る量であれば洗濯可能。

後日、指定した日時に届けてくれるようになっている。
配送は完全無料で洗い方やアイロンがけの有無、24時間対応など、様々なオプションが選べる。

ホームクリーニングの場合、清掃員はカメラを付けたエプロンを着用することで、盗難防止や進行状況の管理をkisafiが行っている。

Kisafiの支払いはキャシュレス。
顧客と従業員間での現金の受け渡しの必要がないことで安心してサービスを利用できる。

顧客がサービスに満足しなかった場合の返金保証もついている。
従業員の徹底した教育と背景チェックをもとに利用者の期待値以上のサービスを提供できるという自信を持っているからだ。

※参照元:
https://howkenya.com/meet-kisafi-cheap-professional-mama-nguo/
https://nairobinews.nation.co.ke/hustle/how-digital-mama-nguos-have-taken-laundry-services-by-storm
https://www.dignited.com/20951/kisafi-launching-uganda-home-cleaning-laundry-service-app/
https://www.sde.co.ke/thenairobian/article/2000200947/how-nairobi-s-mama-nguo-have-gone-digital

最新情報をチェックしよう!