『Mawingu』ケニアで10円から使えるインターネット環境を実現

Mawinguはインターネット普及率が低いケニアで、ブロードバンド事業を展開するスタートアップ企業である。

サービス概要

「Mawingu」の意味はスワヒリ語で「雲」の意味がある。

Microsoftによるアフリカ開発プロジェクト4Afrikaの一企業として、インターネットの支払いに苦労している農村部の人々に低コストブロードバンドを提供している。

MawinguはTV のホワイト スペース(TVWS)と太陽光発電の基地局を利用することで安価なサービスの提供を可能にした。

TVWSの送信力は2.5W。ネットワーク速度は最大16Mbps、カバー範囲は最大16kmである。

通常のWi-Fiは一般的な用途の場合、100メートルをカバーできれば強力といわれるが、TVWS Wi-Fi(以下、Super Wi-Fi)は同じ電力レベルで400メートルを簡単に行き来できる。

すなわち、Super Wi-Fiは通常のWi-Fiの4倍の距離範囲、16倍の面積をカバーできる。

ケニアの平均月収約68454円(2019年)に対して最低10KSH(約10円)からデータ通信料を購入することができる。

現在までに18万人以上にサービスを提供し、1,100以上のSuper Wi-Fiスポットの構築を行っている。

企業基本情報

起業家情報

代表:Joakim Vincze
出身:不明
学歴:不明
生年月日または年齢:不明

会社概要

企業価値:非公開
サービス提供国:ケニア
従業員数:11-50人
ホームページ:http://mawingunetworks.com/index
推定資金調達額合計:不明

事業沿革

  • 2013年 マイクロソフトが4Afrika Initiativeを開始
  • 2013年 テレビのホワイトスペース技術を試験的に導入
  • 2016年 海外民間投資公社(OPIC)にビジネスモデルを認められて410万ドルの融資を受ける
  • 2016年 MicrosoftとOPICの両方からのサポートと資金提供により、ケニア中央部のメル、ライキピア、ニエリ、エンブ郡などの約30万人に対象を拡大、全体で1,100のWiFiホットスポットに拡大
  • 2017年 Microsoft Kaizala(※注1)をパイロットした最初のパートナーに選ばれる

(※注記1) Microsoft Kaizala:大規模なグループのコミュニケーションと作業管理を容易にする新興市場向けのモバイルアプリケーション

市場背景

ケニアは東アフリカ経済の中心地であり人口4970万人(2017年:国連)、経済成長率は6.3%(2018年:世銀)、物価上昇率は8.0%(2017年:世銀)と堅実に成長を遂げている国の一つである。

アフリカ大陸のインターネット普及率(約25%)に対して2014年末時点でケニアのインターネット普及率は68%とアフリカ平均を大きく上回っている。

2010年、東側沿岸ではSEACOM、TEAMs、EASSyの3本の光ファイバー海底ケーブルが利用可能となっている。

アフリカではネットの普及とともに携帯電話の保有率が高まり、2018年には100%を超えている。

銀行を持たない貧困層も多いため、携帯電話を利用した送金サービス(MMT:Mobile Money Transfer)が利用されている。

また、WiMAXの導入とFibre-to-the-Premises(FttP)の製品展開が広がっていることから3GモバイルネットワークやLTGテクノロジー経由のブロードバンド加入者が増えている。

サービス詳細

利用方法と料金

データ通信速度は家庭用の5Mbpsから、商業用の1Tbpsまでを構築している。データ量ごとの料金は以下の通り。

10KES(約10円)=50MB
20KES(約20円)=150MB
100KES(約100円)=1.2GB
200KES(約200円)=4GB
500KES(約500円)=12GB
1000KES(約1000円)=30GB
2000KES(約2000円)=80GB

支払い方法は銀行経由もしくはM-PESA(※注2)の2通りが選べる。

(※注記2)アフリカ諸国やヨーロッパで普及しているモバイル送金サービス

ホットスポット(Wi-Fiスポット)の構築

メル、イシオロ、ニエリ、エンブ、チャカ、カラティーナを中心に数百のホットスポットを構築している。

Google PlayストアからMawinguアプリをダウンロードすると、最寄りのホットスポットを見つけることができる。従量課金アカウントでログインすると使用できる。

以下の方法でMawingu Wi-Fiに接続することができる。

  1. Wi-Fi接続後に、https://portal.mawingunetworks.comにアクセスする。
  2. 登録をするとアクセスコードが送られてくる。
  3. 表示された画面にアクセスコードを入れる
  4. ログインに成功すると、使用できるデータ量の残りが画面上に表示されネットに接続可能になる

料金確認システム

以下の手順で個人アカウントページから使用できるデータ残量が確認できる。

  1. Mawingu ホットスポットに接続
  2. カスタマーページにアクセルする(https://portal.mawingunetworks.com
  3. 自身のアクセスコードでログイン
  4. 画面にデータ残量が表示される
最新情報をチェックしよう!