『DabaDoc』アフリカ5カ国で患者と医師を繋ぐマッチングサービスを展開

DabaDocのはアフリカの患者と医師を繋ぐマッチングサービスを展開している。

モロッコ発のスタートアップ企業DobaDocはこのミッションを達成するために、Webとアプリケーションを使って医療予約管理プラットフォームを提供している。

サービス概要

DabaDocは、アフリカの医療を支えるスタートアップ企業である。DabaDocのWebサイトもしくは、アプリケーションでは、利用者が必要としている分野の医師を検索して、ネットで診察を無料で予約することができる。

利用者の求める医師の専門分野、アクセス可能な地域から、利用者にあった医師を紹介している。利用者の求める医師の候補をアプリ上で表示し、さらに、いつでも診断の予約を取ることまで可能だ。

さらに、遠隔診療のシステムも構築しており、物理的にアクセスが難しい地域にすむ利用者でもオンライン上で簡単に医師に相談する機会が得られる。

アフリカでの医療問題の一つである、医師へのアクセスが非常に困難であるという問題に対して、DabaDocはインターネット上にてeヘルスプラットフォームを提供している。このように、アフリカの社会全体のヘルスケアへのアクセスの最適化に貢献しているスタートアップである。

企業基本情報

起業家情報

代表:Zineb Drissi Kaitouni
出身:モロッコ
学歴:Baruch College
生年月日または年齢:40-50代

会社概要

企業価値:非上場
サービス提供国:モロッコ、アルジェリア、チュニジア、ナイジェリア、南アフリカ
従業員数:16人
ホームページ:https://www.Dabadoc.com/
推定資金調達額合計:不明

事業沿革

  • 2014年 設立者Zineb Drissi Kaitouni により、DabaDoc設立
  • 2016年 医療予約アプリDabaDocをリリース
  • 2017年 医療者用アプリDabaDoc Proをリリース
  • 2018年 遠隔診療アプリDabaDoc Liveをリリース
  • 2018年 AXA Insurance(※1)より投資を受ける
  • 2020年 COVID-19の感染拡大を抑止するために、医師のビデオ会議のプラットフォームを開発

アプリケーションの利用者数について

このサービスを利用するために、webサイトに訪れる人の数は、季節により変動があるが、2020年2月には、約20万人がDabaDocのサイトを訪れている。

一番多かった時期は、2019年の5月で約44万人もの人がサイトを閲覧したという記録がある。報告によると、2018年までに累計200万人以上患者を医師の予約へと繋げることを達成したようだ。(サービスの具体的内容は後述)

アプリケーションの使用者も年々増えており、現在では世界で4,000人のアプリケーションの使用者がいる。

(※1)Axa Insurance Moroccoについて:
Axa Insurance Moroccoはモロッコの大手保険会社の1つである。世界最大の保険会社の1つであるフランスのAxaの関連会社であり、個人や企業のニーズに合わせた幅広い製品とサービスを提供している。同社は2017年に40億3900万ディルハムの収益を達成した。CSR戦略(Corporate Social Responsibility)の一環として、同社はさまざまな分野で活動しています。特に、医療関連の分野では、疾病のリスクを軽減するための予防の意識向上に取り組んでいる。

https://www.axa.ma

“We are happy to contribute to the growth of DabaDoc, an amazing Moroccan startup. DabaDoc offers innovative services in the healthcare space, especially by facilitating patient journeys.”

「モロッコの注目の新興企業、DabaDocの成長に貢献できることを嬉しく思う。DabaDocは、特に患者の移動を容易にすることにより、ヘルスケア分野で革新的なサービスを提供している。」

引用元:https://www.menabytes.com/dabadoc-axa/

市場背景

アフリカは世界の病気の負担の25%を被っている。しかしながら、世界の医療従事者はわずか3%でしかない。すなわち、医療の需要と供給が釣り合っていないのが現状である。

アフリカでの医療へのアクセスは困難であり、診療が可能な医師を探す、または、予約をとるまでに時間がかかるという課題があった。DabaDocはwebサイト上に医療アクセスを効率化する医療予約管理プラットフォームを無料で提供し、生産性、アクセスを最適化し、患者と医師を繋げるサービスを打ち出した。

DabaDocは遠隔診療のサービスも提供している。遠隔診療は、通信技術の向上によって可能になった新しい形の診療方法である。

利用者が医師のもとへ外来に行く必要がなく、主に糖尿病や高血圧の管理のような、急な状態の変化が少ない慢性疾患の外来への移動時間を削減できるメリットがある。

さらに、交通などの物理的アクセスの悪い地域からの医療へのアクセスを可能にするので、今後誰1人取り残さない医療を提供するユニバーサルヘルスカバレッジ達成のために期待のされる技術の一つである。

2020年現在のCOVID-19の影響で、DabaDocの遠隔診療事業はさらに拡大した。遠隔診療では患者と医師の直接的な接触を防ぐことができるので、感染の拡大を抑制するために有効である。

DabaDocの提供するビデオ相談サービスでは、常に医師が遠隔診療に対応する義務はない。あらかじめ指定した予約時間にSMSを使って医師と患者に開始を伝える。それぞれの診療について、安全な通信環境を提供している。処方箋すらもメールを介して医師から患者に処方することができるようだ。

この診療が保証されているのかという疑問もあるかもしれないが、現地最大の保険会社が診療行為に対して償還することを保証している、と設立者のZineb Drissi Kaitouniは話している。

サービス詳細

DobaDocのサービスは大きく分けて、Webサイトからの利用とアプリケーションをダウンロードして利用する2つに分けられる。

DabaDocのWebサイトはGoogle Chrome やSafari、Firefoxから利用できる。使用方法は、以下のサイトにアクセスして、医師の名前や専門分野と都市から、利用者の症状にもっとも適した医師が一番近い距離で探すことができる。

対応している専門分野は、歯科、産婦人科、小児科など医療のほとんどの分野で検索をかけることが可能だ。他にも、放射線検査やMRIのような検査施設や、薬局も検索内容に含まれている。都市はカサブランカを中心に、40都市を超える都市の検索が可能である。

検索したい分野と都市で医師を探すと、DabaDocと契約している医師の一覧が表示される。さらに詳細に求める医師を探すために、その医師がオンライン上のビデオ相談が可能か、話すことができる言語は何か、自分の住んでいるところからどのくらいの距離に病院があるのかの3点の条件を追加することができる。

Webサイト上の医師のリストの横には、どこに医師がいるのかという地図も表示されていおり、自分の現在地からの距離から医師を見つけることもできるようだ。

診療して欲しい医師が見つかったら、その医師の予約を取ることができる。予約は、医師の診断できるカレンダーが表示してあり、そこから予約も可能である。

ビデオ通話の料金は医師によって異なり、目安としては、約200MAD (約20ドル)である。ビデオ通話の支払いはクレジットカードで完了し、ビデオ相談をする時間になると、利用者の元にSMS(ショートメッセージサービス)にて開始するためのリンクが送られてくる。

DabaDocは現在以下の三つのアプリケーションを配信している。

DabaDoc

DobaDocが開発したアフリカで最初のオンライン医療予約管理プラットフォームアプリケーションである。診療所の予約管理が最適化され、患者は24時間365日無料で予約を行うことができるようになる。

DabaDocPro

DabaDocの提供するサービスを使用する医師や医療専門コミュニティ用に提供されている。

https://apptopia.com/ios/app/1289179006/intelligence

DabaDoc Live

ビデオ会議による医療遠隔相談サービスである。DabaDoc Liveを通じて、医師への相談、初期診断、専門家にセカンドオピニオンを求めることが可能である。 DabaDoc Liveアプリケーションは、世界中どこからでも24時間年中無休で利用できる。患者の健康情報管理には機密性が必要なので、通信は安全な設計で構築されている。これにより、医師は正しい遠隔診断を安心して提供することができる。

https://apptopia.com/google-play/app/com.dabadoc.live/intelligence

最新情報をチェックしよう!