『54gene』アフリカをメインにしたバイオバンク!アフリカ系の遺伝子研究を行う

54geneは、ナイジェリアのバイオバンク企業である。54はアフリカが54ヵ国から成り立っているということからきている。また、geneは「遺伝子」を意味する。

サービス概要

54geneは、世界初のアフリカのバイオバンクである。遺伝子検査を通してがんや循環器疾患、さらには神経変性系の病気の治療法を研究している。

企業と提携し新薬の開発や診断治療の改善にあたったり、命にかかわる診断の精度を高めるために医師や病院と協力して研究を行っている。

また、遺伝子検査キットを販売しており、利用者は54geneへ唾液サンプルを送ることで、自身の遺伝的特徴を知ることができる。

企業基本情報

起業家情報

代表:Abasi Ene-Obong
出身:ナイジェリア
学歴: インペリアル大学
生年月日または年齢: 不明

会社概要

サービス提供国:ナイジェリア
従業員数: 11-50人
ホームページ:https://www.54gene.com/index
資金調達額合計:$4,500,000

※参照元
https://www.linkedin.com/company/54gene/about/

事業沿革

  • 2019.7 $4,500,000のシードラウンドを行う。

設立までの背景

世界の遺伝子研究において使われる遺伝子材料の90%近くはコーカソイド(※1)のものである。アフリカ系の遺伝子は全体の約2%にすぎない。

しかし、人類史学的に見ればアフリカ人の遺伝子はどの人種よりも一般的に多様性においては勝っているという事実があるが研究材料が少ないのである。

世界初のパンアフリカ主義バイオバンクである54geneは、研究対象にアフリカ系の遺伝子を取り入れる。

医薬品やバイオテクノロジーのパートナーらと協力し、全人類の病気の診断・治療の改善に役立てるために、それらの研究を進めるのが54geneの役目である。

(※1)コーカソイドとは
身体的特徴に基づく歴史的人類分類概念の一つ。ヨーロッパ、西アジア、北アフリカ、西北インドに居住する人々を指す。

※参照元
https://www.54gene.com/about

サービス詳細

54geneは遺伝子研究、新薬開発、診療・治療サポートに加え、遺伝子検査サービスも行っている。

遺伝子検査を希望する人はまず54geneから15,000円ほどする遺伝子検査キットを購入する。購入には事前にアカウント登録を済ませていること、年齢が18歳以上であること、利用規約に同意していることの3条件を満たしている必要がある。

購入後、利用者は自分の唾液サンプルを採り、それを54geneへ送る。数週間たつと検査の結果が返され、利用者は登録したアカウントを通してその結果を知ることができる。

検査により分かる情報には、例えば将来の病気に関する情報や、身体的・性格的特徴、倫理観や家系などがある。もし検査で病気等が見つかった場合、適切な治療法を提案してくれることもある。

※参照元
https://www.youtube.com/watch?v=i0fkrzzIekY
https://54gene.com/terms

競合について

54geneと同じように遺伝子検査サービスを提供する企業として南アフリカのDNAlysisがある。遺伝子を意味する「DNA」と、検査・分析を意味する「Analysis」を掛け合わせた企業名である。

こちらの特徴は、目的別に遺伝子検査を受けられることだ。ダイエット、健康、スポーツ、肌、エストロゲン、メンタル、とさまざまである。

54geneがDNAlysisに勝っている点は低価格性である。というのも、DNAlysisで遺伝子検査を受ける場合、それにかかる費用は3,500~6,000ランド(※1)。日本円にして約25,000~42,000円だ。

54geneだと、それがおよそ15,000円で済む。それにもし、例えば乳がんなどの発症リスクが見つかった場合医師が治療法のアドバイスなどをしてくれる。遺伝子検査、アフターケア込みでこの価格なのである。

またDNAlysisはその名の通り遺伝子検査を中心に提供する企業であるが、54geneは遺伝子検査と言うより、アフリカ系の遺伝子を中心に研究を進めること、ひいては診療や治療の改善に寄与することに主眼を置くことで棲み分けができている。

(※1)ランドとは
南アフリカ共和国の通貨単位

※参照元
https://www.businessessentials.co.za/partner/dnalysis-biotechnology/
https://www.youtube.com/watch?v=i0fkrzzIekY

今後の展開

アフリカ系の遺伝子はこれまで遺伝子研究の分野ではなおざりにされてきたが、人類史学的に見ても多様性を孕むそれは格好の研究材料だったはずだ。

世界が取り扱わなかったここにこそ54geneは唯一、目を付けた。それだけでなく、その研究材料を医療と結びつけ、人類の診療・治療に役立てんとしている。

アフリカにおいて54geneは、ヒトの遺伝子研究分野だけでなく医療分野においても牽引的企業になることはまず間違いないだろう。

最新情報をチェックしよう!