『Helium Health』医療情報管理システムを提供するナイジェリアの企業

Helium Healthはナイジェリアの医療サービスソリューションを展開するスタートアップである。

サービス概要

アフリカの医療施設はアナログに患者管理を行い、不正確性や非効率性が課題である。この課題解決の為同社は医療情報管理システム(EMR)を提供する西アフリカで最大の企業である。

現在300以上の医療施設、5,000人以上の医療従事者165,000人の患者にサービスを提供。ユーザー/患者向けには健康管理モバイルアプリを開発。健康情報管理とともに直接病院の予約を行う事ができ、患者が適切なタイミングで適切な医療を受けられることを可能にしている。

また、医療施設に対しては同社独自の医療データ管理システムを提供し、正確で効率的な患者情報管理を実現。さらに保険会社と連携し、治療に対する保険金請求手続きも簡略化するサービスを展開している。

企業基本情報

起業家情報

Goke Olubusi
出身:ナイジェリア
学歴: ジョンズホプキンズ大学、エンジニア
キャリア: eBay, ペイパル、ゴールドマンサックスで勤務経験あり。

Tito Ovia (共同創業者)
出身:ナイジェリア
学歴:マンチェスター大学、バイオ医療専攻
生年月日または年齢:不明
キャリア:大学在学中にロゴスのAIDS管理センターでの勤務

Dimeji Sofowora (共同創業者、CFO)
出身:ナイジェリア
学歴:クイーンメリー大学(ロンドン)
キャリア:弁護士。ゴールドマンサックスで勤務

会社概要

企業価値:不明
サービス提供国:ナイジェリア
従業員数:98人
ホームページ: https://heliumhealth.com/
推定資金調達額合計:USD12.2M

事業沿革

  • 2016年 1月 Onemedical として創業
  • 2016年8月 ナイジェリア大統領より将来有望なスタートアップ企業として表彰受賞。
  • 2017年 5月 Helium Healthへ事業ブランドを改名
  • 2017年 9月 各国ベンチャーキャピタルよりUSD2Mを資金調達(シードラウンド)
  • 2018年1月 医療情報管理システム(EMR)をナイジェリアへ本格展開。
  • 2019年5月 EMR分野で西アフリカ最大の企業となる。
  • 2020年5月 各国ベンチャーキャピタルよりUSD10Mを資金調達(シードラウンド)

サービス詳細

ユーザー/患者向けには健康管理モバイルアプリを展開。

このアプリでは、血圧、視力といった自分の健康状態を管理できる他、直接病院の予約を行う事ができる。また、病院で実施した検査結果を同アプリの通知で知ることも可能。加えて、医師とのチャット、電話、ビデオ電話機能も内蔵しておりリモートでの検診を受ける機会を提供している。

医療施設向けには同社独自の医療データ管理システムを使用し、患者の過去の病歴、投薬歴、ワクチンの接種履歴などもデジタルで管理する事ができる。

さらに、予約患者には自動的にリマインダーテキストを送ることにより、来院忘れを防ぐことも可能。また、それぞれの部署間を超えたワークフローを構築し事務処理の円滑化。各種薬や物品の在庫管理機能もあり。

今後の事業展開

Covid 19の影響で顧客情報のデジタル管理や遠隔診断の需要が拡大している。今後はナイジェリア国内にとどまらず、ガーナ、リベリアなど西アフリカ地域、さらにケニヤ、エジプトなどアフリカ全土へサービス展開をしていく計画である。

最新情報をチェックしよう!