『Reliance HMO』ナイジェリアのオンライン保険販売会社

Reliance HMOはナイジェリアの保険販売のスタートアップである。

1. サービス概要

ナイジェリアを拠点とし、インターネットとデータサイエンス技術を利用し低価格の健康保険の販売を行っている。

保健加入者へのサービスとして、24時間/7日間の体制による無料電話医療相談を行っている。このような電話による医療相談サービスはアフリカ諸国ではこの会社が初の試みでメディアでも話題になっている。

先進国では普及しているようなオンラインにていくつかの保険プランの中から自分に最適なプランを選ぶ事ができ、PCやスマートフォンを利用してサービスを受ける事ができる。

その際のデータ処理を最近話題のデータサイエンス技術を利用し顧客に最適なサービスを薦める事ができる。

このシステムにより従来のように店頭に出向かなくても保険に加入する事ができ、より多くのナイジェリア国民に保険を提供する事に成功している。

企業基本情報

起業家情報

代表:Femi Kuti
出身:ナイジェリア
学歴:Obafemi Awolowo University (オバーフェミ・アウォロー大学(ナイジェリア))
生年月日または年齢:2月16日生、年齢不明

代表の Femi Kuti氏はReliance HMOの他にアメリカサンフランシスコを拠点とするKangpeというReliance HMOのビジネスモデルの基盤となる、同様なオンライン技術を利用し低価格の健康保険の販売と、提携医療機関による、電話やオンラインサービスを利用した医療サービスを行っている企業の創立者の一人兼代表も務めている。

Kangpeは2015年に創業されており、その後ナイジェリアを始めとするアフリカ市場に参入した。そして、Reliance HMOを2017年に創業した。現在もKangpeは存在しているようだが、ウエブサイトなどはReliance HMOのみを利用していて、新規客はReliance HMOを利用し、KangpeはReliance HMO創立前の顧客のみが利用しているように思われる。

会社概要

企業価値:不明
サービス提供国:ナイジェリア、アフリカ諸国
従業員数:約70名
ホームページ:https://www.reliancehmo.com/
推定資金調達額合計:不明

事業沿革

  • 2015年 Reliance HMOのビジネスモデルの基盤となるKangpeをアメリカ、サンフランシスコにて創業
  • 2017年 Kangpeナイジェリアを拠点としアフリカ市場に参入
  • 2017年5月 Reliance HMOをナイジェリアの南西端に位置する同国最大都市ラゴスにて創業

市場背景

ナイジェリアの公的保健システムはきちんと機能しておらず、多くの国民が質の良い保健サービスを受ける事ができず、高い妊産婦死亡率や5歳未満児死亡率を記録した。

更に経済発展をした地域には、仕事や生活を求めて他国や地方から移住した人により人口が増え、場所によってはスラム街を形成していまい、そこでマラリアや感染症が発生するなど、社会問題となっている。

健康保険に限っては、ナイジェリアではわずか約5%の人しか保有しておらず、先進国の80%から90%の比率から比べると著しく低い数字となっている。

そうなると、ほとんどのナイジェリア国民は、医療機関を利用する際、全額個人負担となってしまう。 この要素が上記のような社会問題を起こしたり、医療機関のサービスを受ける事から遠ざかってしまう要因となっている。

そのような背景の中、AI技術とデータサイエンス技術を利用し、オンラインにて、各個人のニーズに合った低価格の保険の提供、ケアサービスや予防ケアサービスを低価格で利用できるようになる保険販売と医療相談サービスなどを始めた。

4.サービス詳細

健康保険は、月払いも出来るのが特徴で、この制度により、低所得者も保険に加入しやすくなっている。プランは安いプランだと月USD約$10から加入でき、高いプランだと月USD約$50というものがある。

Reliance HMOはアフリカ国内の1800の医療機関と提携しており、加入者は、それぞれのニーズに応じて利用ができる。

それまでは、保険を持っていなかったが為に、医療費が高すぎて利用できなかった医療機関なども利用できるようになった。

又、加入者はオンラインで自分の健康記録(どこの医者に行った、どんな医療検診を行ったかなどの記録)や医療サービス情報を見る事ができる。

これらのサービスをPCやスマートフォンにて利用でき、従来のような店頭に出向く必要がなくなり、交通が不便な地方の人なども気軽に保険に加入出来るようになった。

保健加入者には、電話医療相談サービスを無料で提供しており、必要に応じて提携病院を紹介し、利用者は適切な医療サービスを受ける事ができ、好評を得ているようである。

この医療相談サービスは電話とPC又はスマートフォンを利用してもできる。Reliance HMOのアプリケーションがあり、それをスマートフォンにインストールすると、そのアプリを利用しても医療相談サービスを利用する事ができる。

ただ、このアプリは、アンドロイド対応のグーグルプレイストアーからのみのもので、現在ではiPhone用のアプリは無いようである。

ナイジェリアでは約7割の医師・看護師が民間病院に勤務し、新卒の新しい医師や看護師は、より良い条件を求めて都市部や民間病院に勤務する傾向にあり、地方の公的医療機関では、質の低い保険サービスとなってしまっているのが現状だ。

この会社のサービスを利用する事により、そのような質の高い医療機関のサービスを利用する事が出来るようになり、それらの問題解決に役立っているようである。

この会社の本業は保険業であるが、消費者側の立場からの視点、”医療機関を利用する”点を一番考慮しているのがこの会社の特徴のように見える。

医療問題というナイジェリア国内の大きな社会問題解決に役立っているビジネスであり、今後の発展が期待される企業である。

最新情報をチェックしよう!