『Schoolable』6500万人の子供たちに授業料支払い支援アプリを提供

SchoolableはAllpro Techonologiesが運営する、私立一貫校に通う生徒のための授業料支払い支援アプリである。(※1)

アフリカには私立学校に通う6500万人の生徒がいる。しかし、金銭管理の設備が学校側に整っていない、または授業料の支払い能力が生徒毎に不透明な為、全額前払いとなることが多い。

そして、その支払いは保護者にとっての悩みの種となる。Schoolableは、保護者が都度必要な支払いを行うことを可能にする請求処理を技術の面で支援している。また、アプリを使うことで授業料を直接節約することも可能だ。

(※1 Allpro Technologiesのウェブサイト(allprotech.co/)はSchoolableのウェブサイトに再接続される。Schoolableのプライバシーポリシーには、Allpro Technologiesが運営している、と書かれている。)

サービス概要

アフリカで暮らす保護者にとって、学校教育の大きな壁になるのが資金である。それが得られなければ、学校は赤字経営となってしまう。Schoolableは保護者に支払い可能な資金計画の援助をすることによって、保護者・学校・銀行すべてに価値のあるサービスを提供している。

保護者は、アプリを通して貯蓄を計画し、実際に貯蓄して、8%の利子がつく。必要であればローンを受けられる。さらに、銀行で長い列に並ぶことなく、学校へ直接支払うことができる。

学校側もアプリを使えば、請求書を送付したり、レシートを照合したり、未払いの保護者に連絡する、といった煩雑な作業から解放される上に、支払いが滞りなく得られ、管理できる。

※Schoolableホームページより引用

結果として、このサービスを利用している学校は、学期が始まる2週間前には必要な資金の80%が集まっている。

また、生徒を募集する際には、アプリ利用者に対して初回授業料の割引を行うことで、他の学校と差をつけることができる。

今後、より多くの銀行、教育支援サービス、投資家と組む計画によって、さらに国外に向けても教育環境を整えていく予定だ。

企業基本情報

起業家情報

代表:Angela Essien, Henry Chibuzo
出身:ナイジェリア
学歴:ウヨ大学にてコンピューターサイエンス学士取得

会社概要

サービス提供国:ナイジェリア
従業員数:11-50人
ホームページ:https://schoolable.co/
推定資金調達額合計:$190,000

事業沿革

  • 2018 ローンチ
  • 2019.3 Y Combinatorのスタートアップ教科プログラムに採択される
  • 2019.4 Founders Factory Africaから$40,000のシード資金調達
  • 2019.9 Y combinatorから$150,000のシード資金調達

市場背景

ナイジェリアは子供が多いことで知られている。以前に比べて下がってきてはいるが、2017年の合計特殊出生率は5.46人である。また、同年の調査では人口の44%が15歳以下だった。つまり、全国に約8500万人の児童がいることになる。

ナイジェリアでは小学校の6年間と中学校の3年間は義務教育である。公立学校では無料で授業が受けられるが、私立学校の授業料は有料である。

しかし、学校の質からして、特に中流階級以上の家庭では子供を私立学校に入れようとする。また、私立学校の方が学校数も多い。その結果、6500万人の子供が私立学校に通っている。

とはいっても、アフリカの私立学校は小さなビジネスで、政府からの助成はない。そして、親は授業料の前払い制度に苦悩し、私立学校は常に70%の赤字を抱えている。これを解決しようとしているのが、Schoolableである。

また、家族の長男は私立学校に行くことが許されても、下の子供たち、とくに女子は家の手伝いのため、また将来への期待の違いから、学校に通わせてもらえないことが多い。資金面の工面が簡単になれば、女児の就学支援にもつながると期待している。

※参照元:
https://ecodb.net/country/NG/fertility.html
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Demographics_of_Nigeria
https://ierc-publicfiles.s3.amazonaws.com/public/resources/NEDSinfographic_publicprivate.pdf

サービス詳細

全てのサービスはアプリを通して行われる。支払いはPCIDSS(※1)を取り入れ、安全性に配慮している。

●アカウントを作成

名前、メールアドレス、電話番号、パスワードを入れてアカウントを作成する。ナイジェリア国内の銀行であればどのデビットカードも登録できる。

●学校情報を入手する

それぞれの学校の授業料が確認でき、どこの学校へ進学するかの判断材料にできる。

※Schoolableホームページより引用

●計画を立てる

毎日・毎週・毎月ごとにいくら貯蓄するか、という最低3か月の貯金計画を選択する。もし、収入が不安定であれば、その月の収入に応じて貯蓄できるプランもある。計画が決定すると、毎回ログインする必要はなく、自動的に貯蓄される。貯蓄額は100ナイラ(※2)から始めることができ、上限はない。

※Schoolableホームページより引用

●計画を管理する

今の貯蓄額、設定金額、次の貯蓄日、利子、支払い方法などをマイページから自分の現状を把握できる。

※Schoolableホームページより引用

●支払い

アプリから直接学校への支払いが可能なので、銀行で長蛇の列に並ぶ必要はなく、レシートを学校に持っていく手間も省くことができる。

●特典
  1. 紹介特典
    貯蓄が5,000ナイラ以上あれば、友達にこのサービスを紹介すると500ナイラをボーナスとして与えられる。
  2. サービス加入特典
    アカウントを作成するタイミングと貯蓄額によっては、抽選で3組の保護者に5,000ナイラがあたるキャンペーンもある。
●派生サービス

下記のウェブサイトでは学校の授業や評価制度、保護者とのコミュニケーション手段を簡単にするシステムも構築し始めている。
https://www.schoolable.com.ng/index.html

●SNS

Facebook, Twitter, Instagramを通して、サービスを広めている。

(※注1:PCIデータセキュリティスタンダード(Payment Card Industry Data Security Standard)。クレジットカードの取引情報を保護するために国際カードブランドが取り入れているセキュリティシステム。)
(※注2:ナイジェリアの通貨。2019年11月現在1ナイラ=0.3円。)

最新情報をチェックしよう!