『Enko Education』教育ネットワーク、IB取得で若者たちを世界の一流大学へ送る

Enko Educationは、2013年にカメルーン人投資家Cyrille Nkontchouとフランス人Eric Pignotがアフリカで設立した、インターナショナルスクールのネットワークである。

サービス概要

設立の目的は、アフリカ人学生が世界の一流大学に入学すための入学資格であるIB(国際バカロレア)を取得できる学校の創設であり、現在はカメルーン、南アフリカ、モザンビーク、コート・ジヴォワール、セネガルとマリに13校のインターナショナルスクールを開校している。①

創立者のNkontchouはSciences Pro とハーバード大学の、 PignotはMITの卒業生なので、彼らは一流校独自の選考方法を熟知、IB取得後の入学審査手続きや奨学金ななどの情報収集やアドバイスにも力を入れている。

企業基本概要

起業家情報

代表:Cyrille Nkontchou
出身:カメルーン
学歴:Sciences Pro(フランス)、ハーバード大学
2006年:世界経済フォーラムで世界の若きリーダー(Young Global Leader)に選ばれた
生年月日:50歳(2019年)

会社概要

サービス提供国:カメルーン、南アフリカ、モザンビーク、コート・ジヴォワール、セネガル、ブルキナ・ファソ、ボツワナとマリ
ホームページ:https://enkoeducation.com/
推定資金調達額合計:$16.1M

事業沿革

  • 2016年11月:Proparcoと I & P株式投資会社から$2. 2Mを資金調達
  • 2017年10月:Oikocredit から$1.5Mを資金調達
  • 2019年7月:機関投資家や個人投資家から$1.4MをプレシードBとして資金調達。投資銀行LiquidAfricaの支援のもと、$11MをシリーズBの第2ラウンドとして資金調達を年内中に目指している⑧

市場背景

世界的に見るとアフリカの学生の流動性は高いが、トップクラスの大学で教育を受けている学生は少数派である。

これは教育水準の問題であり、たとえば優秀な入学希望者が少ない、国ごとに入学資格が異なる、昔ながらの教授法などさまざまだ。

だからそこにアフリカの学校教育を改善できる大きな可能性があると、Enko Educationは設立された。②

“MIT入学選考担当責任者のRob Garciaによると、サハラ以南の学生からの入学申請者は全体の1%にも満たない。さらにアメリカの大学が求める標準的な要件に見合う書類がその地域からのものはごくわずかだ”

“According to Rob Garcia, Director of Admissions at the Massachussetts Institute of Technology (MIT), “Fewer than 1% of all applications come from students in sub-Saharan Africa… Furthermore, very few of the applications we receive from the region meet the standard requirements for American universities”.④

※引用元:
https://blog.secteur-prive-developpement.fr/2016/09/05/education-en-afrique-les-ecoles-internationales-tremplin-vers-les-meilleures-universites/

さらに、サハラ以南の人口が2012年から2030年までに少なくとも1億3,000万人以上の口増加が見込まれるので⑤、政府は教育に現在の2倍にあたる1500億ドルを追加で毎年あてることになるだろう。⑥

したがって、民間企業は、政府や国際機関の取り組みを支援するためのチャンスであり、公立校よりも私立校の数の多い国々で教育の改善に重要な役割を果たしている。②

サービス詳細

Enko Educationは、授業料を大幅に下げることで中間層の子どもたちがIBを取得できるように、年間の学費を1900~3000ユーロにし、奨学金制度も設けている。

Enko Education の学費は、他のインターナショナルスクールよりも4分の1に抑えているがその理由は、2つある。ひとつは、豪華な設備ではなく教育に必要なもの、IT機器や実験設備に投資する、もうひとつは地元の教師は採用し研修することである

今後5年間で、アフリカで少なくとも20カ国に30校以上を開校し5000人の学生を一流校に送り出す計画である。Proparco, I & P, Oiko CreditとLiquidAfricaなどの複数の国際融資機関がEnko Educatioを支援している⑦

※参照元:
https://fr.wikipedia.org/wiki/Enko_Education
http://blog.private-sector-and-development.com/2016/09/05/education-in-africa-international-schools-are-a-stepping-stone-to-the-best-universities/
Unesco – statistiques de mobilité des étudiants du supérieur
http://www.ietp.com/en/content/founders-enko-education-publish-article-education-issues-sub-saharan-africa
OECD 2012, cited by Enko Education
World Bank, cited by Enko Education
https://enkoeducation.com/about/
https://enkoeducation.com/pre-series-b-fundraising/

最新情報をチェックしよう!