『SaltyCustoms』顧客がデザインしたTシャツの大量生産する事業を展開

『SaltyCustoms』は、顧客が一からデザインしたTシャツの大量発注を担う事業を展開するマレーシアのスタートアップである。

サービス概要

主な取引相手は、企業や、大衆の購買に大きな影響を与えるインフルエンサーだ。オンライン上のプラットフォームで、Tシャツのデザインから製造、物流までのすべてを行える事業を展開している。

最低発注枚数は300枚。(※注記1)AmazonやGoogle、Coca-Colaを含む1000以上の企業との取引経験がある。

高品質で体に馴染みやすく、長期的に使えるTシャツ造りにこだわる。さらに、製造にかかるコストやリソース、時間を削減し、環境への付加を最小限に抑える工夫も行う。

2018年からは、仮想通過を用いた支払制度をマレーシアのアパレル企業として初めて導入。

単なるTシャツ発注事業を展開する企業ではなく、Tシャツを通して顧客の事業発展を手助けできる企業であり続けている。

(※注記1)「SaltyExpress」を使うと、10枚から発注できる。
https://express.saltycustoms.com/?_ga=2.71192019.276008859.1593580226-895248180.1593580226

企業基本情報

企業家情報

創業:2010年
創業者:King Quah 共同創業者兼CEO
学歴:ビジネスマネジメント、ファイナンス、マーケティング 学士号取得
出身:マレーシア

創業者:Shannon Toh 共同創業者
学歴:会計学、ファイナンス 学士号取得
出身:マレーシア

会社概要

サービス提供国:マレーシア、シンガポール(オフィス)
本社:マレーシア
従業員数:35名以上
ホームページ:https://www.saltycustoms.com/
フェイスブック:https://www.facebook.com/SaltyCustoms/
リンクドイン:https://www.linkedin.com/company/saltycustoms

事業沿革

  • 2010年 マレーシアで、企業向けにTシャツ販売を行う企業として創業。
  • 2013年 5人で始めた事業が成長し、15名以上の社員を抱える企業に。
  • 2015年 シンガポールオフィス設立。最初の一年で200社以上の企業と取引を行う。
  • 2016年 取引をした企業は1000社以上、製造したTシャツは150万枚以上に。
  • 2017年 「SaltyCustoms LAUNCH」(※注記1)と「Doobie」(※注記2)のサービス開始。アジア、中国、アメリカや一部のヨーロッパ諸国にも事業拡大。
  • 2018年 「LAUNCH」の改良と「Doobie」の再リリース。今後もアジアのアパレル企業のリーディングカンパニーであり続けるために、チームの立て直しも行う。仮想通過を使った支払制度を導入する。

(※注記1)LAUNCH:企業やインフルエンサー、デザイナーらがTシャツをデザインし、販売できるプラットフォーム。
(※注記2)Doobie:個人がTシャツのデザインをアップロードしたり、購入したりできるプラットフォーム。

市場背景

創設者の一人であるShannonは、幼いころからTシャツが大好きだった。彼自身のブランドを立ち上げようとしたものの、デザインを印刷する優れた無地Tシャツを見つけることができなかった。

当時、マレーシアで手に入れられる無地Tシャツの多くはアメリカからの輸入だったが、低品質で体に馴染みにくいものばかりだったからだ。

そこで、高品質で体に馴染みやすく、優れたデザイン性があり、かつ安価なTシャツにニーズを見出した。さらに、SaltyCustomsの創業当時も、マレーシアには洋服を扱う優れた企業が多数存在していた。

しかし、顧客のニーズにパートナーとして寄り添いながら、洋服に関するコンサルティング業務や高品質の商品の製造、提供をしてきたことで、他社との差別化に成功した。

サービス詳細

①購入したい商品を以下の写真から選択
例:「SaltyCustoms T-shirt」を選択

②Tシャツの種類(Variants)と枚数(Quantity)を選択
「Enquire Now」を押し、SaltyCustomsに問い合わせる

コロナへの対策

流行発覚後、何度も利用できるマスクと消毒液の製造を開始。商品を選択する画面から大量発注できる。

最新情報をチェックしよう!