『ServisHero』マレーシア発の暮らしのレスキュープラットフォーム

ServisHeroは事業者と消費者をつなぐモバイルプラットフォームを提供するスタートアップ企業である。

水道管、エアコン、ドア鍵に関わる修理、また、引越しやリノベーションなどの住居に関わる分野をサービス領域としている。

サービス概要

ユーザーはアプリを通じて、修理などの依頼内容を投稿し、事業者からの応募を待つ。その後、各事業者が提出した見積もりを比較・確認し、満足する提案をしてくれた事業者に業務を発注することができる。支払いはクレジットカードから現金払いなど多様な支払い方法を選択できる。

設定されている質問事項に答えていくだけで、依頼内容を簡単に確定することができ、初心者のユーザーも気軽に使うことができる。

ServisHeroは見積もり金額から手数料を取るのではなく、「依頼に応募できる権利」を事業者に売ることで収益を上げている。これは手数料を取られてしまうアウトソーシングプラットフォームとは異なる収益構造である。

この収益方法には二つの狙いがあり、(1)ユーザーは手数料抜きの安価なサービスを期待できる (2)事業者はアプリ内にユーザーが多くいることで、集客の手間が省けサービスに集中できる、ことが挙げられる。

ServisHeroは、アプリ内の取引データを政府の省庁やコンサルティング会社のリサーチのリソースとしても提供する活動も行っている。

企業基本情報

起業家情報

代表:Karl Loo
出身:マレーシア
学歴:
2005年:The university of Auckland 情報システム商学士 卒業
2005年:The university of Auckland 会社法学士 卒業
2010年: Fudan university 中国語コース 修了
2014年:The university of Oxford MBA取得

職歴:
2006-2007年 Vodafone New Zealand(旧TelstraClear): TelstraClear Graduate Management Programme(※1)の一環として弁護士として勤務
2007-2009年 Simpson Grierson: ITを専門とする弁護士として勤務
2010-2011年 グルーポン中国: Regional Dircctorとして中国マーケットへの進出と拡大に寄与
2011-2012年 MyLuxBox: Co-Founderとして美容サブスクリプションサービスを展開
2012-2014年 Africa Internet Accelerator: Founding Partnerとしてサブサハラアフリカ地域のスタートアップを支援
2014-2015年 Memebox Coorporation: Vice presidentとしてアメリカ法人設立に貢献
2015年 ServisHeroをマレーシアで創業、CEO就任

(※1)オーストラリア最大の通信会社Telstra社が提供するインターシッププログラム

参照元:
https://www.linkedin.com/in/karlloo/

会社概要

企業価値:不明
サービス提供国:マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム
従業員数:51-200名
ホームページ:https://servishero.com/index.html
推定資金調達額合計:不明

事業沿革

  • 2015年3月Karl(CEO), Jason(CFO), Paul(CTO)の3名でServisHero設立
  • 2015-2016年、YTL(※2)、Lelong.my(※3)、Cradle Seed Ventures(※4)から金額非公開で資金調達
  • 2016年8月、Golden Gate ventures(※5)からUS$2,700,000 を調達

(※2)YTLはマレーシア最大のコングロマリットの一つ
(※3)Lelong.myはマレーシアを拠点とするEコマースプラットフォームを提供する事業会社
(※4)Cradle Seed Venturesはマレーシア経済省が管轄するベンチャーキャピタルファンド
(※5)Golden Gate Venturesはシンガポールをベースとする、東南アジアのスタートアップに投資を行うベンチャーキャピタルファンド

市場背景

創業者であるKarlがアメリカからマレーシアに帰国した際に、家のエアコンが壊れてしまい、修理業者を探すのに長い時間がかかったことがヒントとなり、このサービスが生まれた。

マレーシアに限らず、東南アジアでは街の木や電信柱にチラシを貼り付けておくことが一般的な広告方法とされている。そのため、地方出身者や外国人にとっては、信頼できる事業者を見つけにくい状況にある。

また、地元の人であっても、安くてサービスの良い事業者を見つけられる環境ではないため、結局は知り合いの事業者に頼んでしまう。

マレーシアのスマートフォン普及率は80%を超えており、モバイルプラットフォームを展開すると土壌はあった。

加えて、住居まわりのサービスだけでなく、パーソナルトレーナーやヨガの先生など健康関係の領域にもサービスを広げていることが、当サービスの普及につながった。

同様のニーズは東南アジア各国にもあり、マレーシアだけでなくシンガポール・タイ・ベトナムを含む計4カ国にも進出している。

サービス詳細

【依頼の登録】

依頼するサービス内容やユーザーの住居などを入力していき、質問事項に答えながら依頼内容を確定していく。依頼内容に不備がなければ、アプリ上に投稿する。写真を添付する機能もあり、事業者に対してスムーズに依頼内容を伝えることができる。

【見積もりの比較】

部屋のクリーニングサービスなどの一般化しやすいサービスに関しては、一律の料金が設定されている場合がある。しかし、修理や引越しなどの業務は、アプリ上に投稿されている依頼に対して、事業者それぞれが見積もりを提示する。ユーザーは提出された見積もりを確認し、依頼する事業者を決定する。

【サービスの評価】
ユーザーは事業者に対しての評価がアプリ上で可能である。これによって、ユーザーは評価を基により良い事業者を選定できるメリットがある。事業者にとっても、良い評価を得られれば、仕事の受注率は高まる仕組みだ。

【コロナウィルスに対する対応】
コロナウィルスの感染拡大により、住居及びオフィス消毒サービスを提供する「Disinfenction2U」を立ち上げた。細菌やバクテリアに対して高い消毒効果のあるCIO2などの消毒剤を用いることで、一回の消毒で約3ヶ月の防菌効果を実現している。既にエプソンシンガポール本社やNHG(National Healthcare Group)などでの導入実績がある。

参照元:
https://www.disinfection2u.com/

参考資料
https://edition.cnn.com/videos/world/2017/03/08/malaysia-app-servishero-road-to-asean-cnn-orig.cnn

10 Secrets About The M’sian Startup That Raised One Of The Largest Pre-Seed Funds

This Startup Just Raised Possibly The Largest Round Of Pre-Seed Funding In Malaysian Startup History


https://www.globalmarketingchannel.com/press/survey20180323
https://www.forbes.com/sites/groupthink/2017/03/23/how-the-gig-economy-could-drive-growth-in-developing-countries/#34e9d01d4a49
https://www.digitalnewsasia.com/servishero-secures-us27mil-pre-series

ServisHero, a mobile app for finding local services in Southeast Asia, lands $2.7M


https://my.asiatatler.com/society/bright-young-things-karl-loo-jason-kang-paul-copplestone-servishero

※参照元:
Golden Gate Ventures

Home

YTL
http://www.ytl.com/index.asp

Lelong.my
https://www.lelong.com.my/

Cradle Seed Ventures

Creating.Leading.Startups

Disinfenction2U
https://www.disinfection2u.com/

最新情報をチェックしよう!