『Plato』シェフの家に顧客を招きオリジナルの料理を提供!プラットフォームを構築!

Platoはフィリピンのスタートアップである。シェフと顧客を繋げるマッチングサービスだ。2015年に当時フィリピン大学学生のLaurence Esprituによって設立された。

サービス概要(※現在サービスが存続しているか不明)

Platoはフィリピンのマニラを拠点にしている。シェフの家に顧客を招いて料理を振る舞い、顧客に新しい体験を提供する。レストランと違い、シェフ自らがレシピを考案し、ユニークな料理を提供する。顧客はオンライン上で好きなシェフを選択する。

企業基本情報(※現在サービスが存続しているか不明)

起業家情報

代表:Laurence Espritu
出身:マルダルヨン(フィリピン)
学歴:ザ・フィリピン・ディリマン大学
年齢:24歳(1994年産まれ)

会社概要

企業価値:不明
サービス提供国:フィリピン
従業員数:記載なし
ホームページ:https://www.facebook.com/plato.ph/

設立までの背景

2015年にCEOのLaurenceの家族で小さなローカルレストランで夕食をした事から始まりる。そこはメニューがなく、来たゲストに対して、オリジナルの家庭料理を振る舞うスタイルだった。Laurenceはその時のホストのホスピタリティや出された料理のクオリティに感動をしてPlatoのサービスを思い付く。Laurenceは以下のように発言している。

“私は家で料理をするのが好きです。週末に友達と過ごす時も、外出するのではなく家で食事をするのが好きです”
“For me, I enjoy cooking at home. I would have friends over during weekends, and we’d prefer eating at home [instead of] going out,”

※参照元
http://seas100.com/en/seas-en/plato-2/

Plato PH: The (dining) tables have turned


https://www.techshake.asia/startups/263-plato-ph
http://seas100.com/en/seas-en/plato-2/
https://www.facebook.com/plato.ph/

現在の状況について

Facebook上では稼働しているように見受けられるが、ホームページは閉鎖されている。

最新情報をチェックしよう!