『Honestbee』アジア8カ国で質の高いフードデリバリーサービスを展開

Honestbeeはシンガポール発のスタートアップである。ミッションは、誰もが素晴らしい「食体験」を利用できるように。

フードデリバリーサービスを中心事業としている。シンガポールで最初にサービス提供をはじめ、いまでは世界16都市にサービスを拡大中だ。

サービス概要

新鮮な食材や出来立ての料理を配達するフードデリバリーサービスを提供している。オーネストビーのWebペーシもしくはアプリから注文ができ、教育を受けたコンシェルジュが新鮮な食材を選び、家まで届けられる。

企業基本情報

起業家情報

代表:Joel Sng
出身:シンガポール
学歴:ハーバード大学経済学博士号取得
生年月日または年齢:36歳

会社概要

企業価値:フードデリバリー
サービス提供国:シンガポール、日本、インドネシア、香港、マレーシア、タイ、台湾、フィリピン
従業員数:約1,000人
ホームページ:https://www.honestbee.sg/
推定資金調達額合計:6,400万米ドル

事業沿革

  • 2014年 12月創業
  • 2015年 7月23日 シンガポールでサービス開始
  • 2015年10月 1,500万ドルを資金調達
  • 2015年11月 ニセコにポップアップストアをオープン
  • 2016年1月 台湾でサービス開始

※参照元:
https://www.honestbee.sg/en/about-us

市場背景

サービスを開始したシンガポールでは、夫婦共働きで定時での仕事についているケースが多い。しかし、フルタイムでの仕事は柔軟性がなく、不満が募っているのが現状だ。シンガポールの労働者らは、より柔軟な働き方への改革を行政に求めている。

現在の市場の問題点

フードデリバリー市場において、消費者からすれば、料理が届けられるまで長時間待たされることに不満をもっている。

飲食店や配達者側にも不満がある。時間的プレッシャーや天候に左右される上に低賃金なのだ。Honestbeeでは教育を受けたコンセルジュが食品を選んでくれるため、品質もしっかり担保されており、ユーザーからの信頼を得ている。

※参照元:
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/cyousa20/hikaku/pdf/p355_364.pdf
https://medium.com/@ufoodoteam/the-biggest-problem-in-the-food-delivery-industry-is-the-industry-itself-46150ffa26f8

サービス詳細

フードデリバリーサービス食料品デリバリーサービスの2つがある。

  1. フードデリバリーサービスでは、対応しているレストランのメニューをアプリで選択すると、家まで即日配達してくれる。ただし。サービス対応エリアは、シンガポールの一部の地域に限られる。
  2. 食料品デリバリーサービスは、自分の欲しい食材を注文すると、研修を受けたコンセルジュがスーパーマーケットで新鮮なものを選び、家まで配達される。

デリバリー料金は国によって異なる。例えばhonestbeeのサービス提供国の1つである日本の場合、デリバリーの料金は490円(税込)以上となる。なお、3000円以上の買い物をした場合はデリバリー料金が無料。

各店舗によってデリバリー料金は異なる。また、デリバリーが集中する時間帯は「ピーク料金」として、追加料金が発生する。日本の場合、カスタマーサポートは午前10時から午後10時まで対応。

※参照元:
https://www.honestbee.sg/en/how-it-works

競合について

フードデリバリー事業では、Grab FoodやGo-jek、Foofpandaなどが挙げられる。Grab Foodは、東南アジア、Go-jekはインドネシアで、Foodpandaは東欧や東南アジアでサービス展開している。先にあげた企業らは、資本力により、プロモーションなどで顧客を囲いこんでいる。

Honestbeeの優位性

一方honestbeeでは、先に挙げた競合と比べると、資金力に劣る。ただ、地域に特化することでサービスを拡大している。

アプリはGoogle Playで100万以上ダウンロードされ、シンガポールのアプリランキングでは、飲食カテゴリーにおいてトップ10に入っている。シンガポールに1,000人以いる配達員がその需要を支えている。

また、各レストランや食料品店での一定額以上の注文をした場合、配達料が無料になるのもユーザーを増やしている要因だ。

低価格でありながら、教育を受けたコンセルジュが食品を選んでくれるため、品質もしっかり担保されており、ユーザーからの信頼を得ている。

※参照元:
https://craft.co/honestbee/competitors
https://kr-asia.com/singaporean-online-concierge-honestbee-continues-regional-push-with-support-from-south-korea
https://www.malaymail.com/news/money/2019/05/15/outgunned-by-bigger-rivals-honestbees-food-delivery-service-exit-in-singapo/1753296
https://www.businessinsider.sg/honestbees-fresh-now-lets-more-customers-choose-delivery-slots-down-to-the-hour-here-are-all-the-eligible-areas-in-singapore/

今後の展開

すでに多くのサービス利用者を拡大したシンガポールでは、フードデリバリーサービスに加え、洗濯物を配達するランドリーサービスも開始している。

競争優位となっているシンガポールでのサービス拡大とともに、そこから得たビックデータを分析し、他国へのサービス展開に応用していくという。

※参照元:
https://www.forbes.com/sites/forbesasia/2016/02/24/honestbees-joel-sng-sets-big-regional-goals-for-grocery-delivery-startup/#1dfcea750416
https://www.businesstimes.com.sg/garage/honestbee-ceo-replaced-firm-said-to-be-sticking-to-habitat-growth
https://help.honestbee.ph/hc/en-us/articles/115015912327-How-much-does-delivery-cost-

最新情報をチェックしよう!