『Jitta』世界の株式を独自の指標で評価し情報提供を行う

Jittaはタイのスタートアップである。Warren Buffett 氏によるバリュー投資の手法に基づき、財務分析や、ポートフォリオ管理のプラットフォームを提供している。

現在16カ国の株式市場に対応し、128カ国20万人以上が利用している。今後は同社の資産管理サービスの拡大に期待が寄せられている。

サービス概要

Jitta.comは株式投資の情報を提供する無料のプラットフォームである。銘柄のチャートや財務情報を閲覧するだけでなく、様々な投資戦略に基づいて、銘柄を検索することができる。

また、Jittaは独自に選出した優良銘柄を公表している。上位30銘柄の平均リターンは15.89%で、S&P500の10.75%を上回るパフォーマンスを維持している。

収益の柱となるのはこの30銘柄に投資する資産管理サービスのJitta Wealthだ。現在22億バーツ相当の資産を管理している。さらに、証券取引委員会からライセンスを取得中。今後は年間管理手数料0.5%、成功報酬10%の低コストファンドを運用する予定だ。

<iframe width=“100%” height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/RAUy2sxTf0w” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>

企業基本情報

起業家情報

代表:Trawut Luangsomboon
出身:不明
学歴:University of Southern California卒業
生年月日または年齢:不明

会社概要

企業価値:不明
サービス提供国:128カ国
従業員数:20人
ホームページ:https://www.jitta.com
推定資金調達額合計:不明

事業沿革

  • 2012年3月 設立
  • 2014年   Jitta提供開始 タイ市場・アメリカ市場に対応
  • 2016年1月 シンガポール市場に対応
  • 2016年2月 ベトナム市場に対応
  • 2016年5月 香港市場に対応
  • 2016年8月 日本市場に対応
  • 2017年3月 イギリス市場に対応
  • 2019年2月 Beacon Venture Capital(※1)よりシリーズAラウンドで650万米ドル調達

(※注記1)タイの大手金融機関であるカシコン銀行傘下の投資会社

株式市場の問題

現在の株式市場は株価の変動が大きく、日々不安を抱えたり、財務諸表を過剰に分析するなどストレスの多い投資が行われているとJittaは考えている。

そこで、Warren Buffett 氏の提唱するバリュー投資を用いて、優良企業の株を公正な価格で買い付けできるようにすることで、より多くの人が長期的な利益を得るためのプラットフォームを提供している。

サービス詳細

  1. 検索方法:検索画面から、企業名・証券コード・業界・投資戦略などの用語で検索ができる。
  2. Explore by Country:国別の銘柄検索が可能。業種などでの絞り込み検索もできる。
  3. Jitta Playlist:投資戦略で銘柄の絞り込みができる。配当・市場シェア・自社株保有率・シケモク(超割安株)・回復期にある株・優良割安株などの代表的な手法の中から選ぶことができる他、自分で設定した項目で絞り込むこともできる。
  4. 株価ページ:自分の必要な情報を好みのレイアウトに設定することができる。
  5. Jitta Fact Sheet:財務情報をグラフで閲覧することができる
  6. Jitta Portfolio:自分がチェックしたい銘柄の一覧を作成し、それらを総合したチャートや、収益率、取引の統計をまとめて閲覧することができる。株価が指定した水準になった時に通知が鳴るよう設定することも可能だ。

※参照元:
https://library.jitta.com/th/tutorial

Jitta独自の企業分析項目

Jittaは独自の分析に基づく企業評価の指標がある。Jittaランキングの銘柄はこの2項目を基準に選出されている。

これらには財務諸表から検証される事実のみが含まれるので、自分の迷いや希望などの感情、市場の心理的な要因に惑わされることなく銘柄判断ができる。

Jittaスコア

10点満点で企業価値を採点する。点数が高いほど優良企業であるということを示す。

Jittaライン

株価の適正価格を示す。実際の株価がJittaラインよりも低ければ、株価が割安であることが分かる。

今後の展開

ファンドの運用は2019年の第2四半期中に規制当局から承認を得る予定。株式のみに投資し、年1回入れ替えを行うアクティブ運用を予定している。

また、AI人工知能の開発に力を入れるために優秀なエンジニアの採用を行っている。

海外進出も精力的に行っており、現在は海外での協力企業を探しているところだ。株式の上場については視野に入れているものの、まだこの数年は検討していないとのことである。

https://asia.nikkei.com/Business/Startups/Thai-wealthtech-Jitta-to-expand-to-Singapore-and-India?fbclid=IwAR0p7vfoprduD1ylzRJAw1Ybk6ouhahcnp1yiiLlA6Gk4gfCo67Detp28c4
https://thebridge.jp/2019/02/jitta-beaconvc-6m
https://hubbis.com/article/wealthtech-platform-jitta-aims-to-remove-the-jitters-for-wealthy-thai-investors

最新情報をチェックしよう!