『Frubana』中南米の農家とレストランを繋ぐワンストップ・プラットフォームを提供

Frubanaはコロンビア・メキシコ・ブラジルで”The Everything Store for Restaurants in Latin America”を目指すスタートアップである。

農家とレストランを繋ぐアプリを提供している。

サービス概要

中南米随一のEコマースのスーパーアプリを展開するRappi社で働いていたFabian Gomez Gutierrezはコロンビアの農家の生まれだが、Rappiに宅配を頼むレストランが1キロ1ドルで発注したライムが、中間業者に手数料を取られて農家の父親には1キロ30セントしか渡らないことに不満を抱いたことからヒントを得て、2018年にFurubanaを創業。

ラテンアメリカのレストランの為のワンストップショップを目指したプラットフォームを、コロンビア、ブラジル、メキシコで展開している。

流通に介在する複雑な中間業者を廃して農家から直接農産物をレストラン・小売店に販売する仕組みを作り上げ、顧客のニーズに応える形で販売品を農産物以外、加工食品やプロテイン等にも広げる形で成長を続けている。

企業基本情報

起業家情報

○創業者兼CEO : Fabian Gomez Gutierrez.
○出身:コロンビア (実家はマンゴー・ライム・パパイヤの農家)
○学歴:
2007年-2012年 Universidad de Los Andes (Colombia)
学位Bachelor of Engineering (B.E.) / 専攻Industrial Engineering
2009年-2010年 Institut national des Sciences appliquées de Lyon / INSA Lyon
学位Exchange Student専攻Engineering (Lyon, France)
2019年-2019年 Y Combinator W19 Batch
○職歴:
2013年4月~2016年3月 McKinsey & Company (Colombia),Senior Business Analyst
2016年1月~2018年7月 Rappi, Expansion Leader (Brazil)
2018年9月~現在    Frubana創業者兼CEO
○参照元:Fabián Gómez Gutiérrez (Fancho) | LinkedIn

※Frubanaのボードメンバーに、Rappiの創業者兼CEO,Simon Borreroがいる。

会社概要

○企業価値: N/A
○本社:コロンビア ボゴタ市
○サービス提供国:コロンビア、ブラジル、メキシコ
○従業員数:505人
○ホームページ:https://co.frubana.com/ciudad
○推定資金調達額合計 : 102百万ドル (参照元: Crunchbase)

※シード~シリーズBの5ラウンド合計。リードインベスターはGGV Capital(※1)、monashees(※2)、Y Combinator(※3)の3社。

事業沿革

○2018年6月 Fabian Gomezがコロンビアで創業、Pre-Seedラウンド$2M資金調達
○2018年8月  Pre-Seedラウンド(2回目)資金調達
○2019年4月  シードラウンドで$10M資金調達(リード:monashees/Y Combinator)
○2019年6月 メキシコ・ブラジルへの進出検討(※4)
○2020年4月  シリーズAラウンド$25M資金調達(リード:GGV Capital/monashees)
○2020年10月 新型コロナロックダウン対応の新プラットフォーム”FRESCO”(※5)立上
○2021年6月  シリーズBラウンド$65M資金調達(リード:GGV Capital)

市場背景

ラテンアメリカのレストランはこのコロンビアの映像からもわかるように個人経営・中小規模が多い

米国では大手レストラン・外食チェーンのマーケットシェアが大きく、個人経営・
独立経営のレストランは47%に過ぎないが、ラテンアメリカでは86%が個人経営という特殊性がある。(※6)

この様に食材の流通も含めて大手プレーヤーが未だ成長していないラテンアメリカのレストランマーケットが、Furubanaをして独自プラットフォームを使って個人経営のレストランと個別の農家をつなぐ仕組みを提供することを可能にした。

Furubanaが先行者としてレストラン市場をつないで集約できるプラットフォーマの立場に立てたと同時に、今後更にサービス地域を未だ開拓していない他都市に拡大することで成長の余地も大きいと言える。

サービス詳細

(youtube : Frubanaで時間とお金を節約) Ahorra tiempo y dinero con Frubana – YouTube

アプリの使い方

 

扱い品を広げてレストランの為の”Everything Store”へ

個人経営のレストランに納入する個別農家の農畜産物を対象にビジネスを展開してきたFrubanaだが、顧客のニーズ、“農畜産物以外も一度に注文できると便利”に対応するべく、加工食品やプロテイン等の取り扱いも開始。レストランの為の真の”Everything Store”に向けて事業を拡大している。(※6)

顧客レストランの運転資金支援

新型コロナのロックダウン等で経営にダメージを受けている顧客レストランの為に、運転資金を支援するプログラムを検討中。現在試験段階だが今後のサービスの本格化に向けて取り組んでいる。(※7)

今後の展開

食材の農畜産物の提供から始めてレストランに包括的にサービスする機能を捕捉してきているFrubanaは、現在コロンビア(ボゴタ・バランキージャ)、メキシコ(メキシコシティ・グアダラハラ)、ブラジル(サンパウロ)の3ヵ国5都市に展開している。

今後はサービスを拡充させながら新たなサービス地域への進出、まずは既存3ヵ国内の他都市へ、更にその先には他中南米各国への進出への取り組みが注目される。

【参照】
※1 GGV Capital:HP https://www.ggvc.com/
2000年にシリコンバレーで設立されたグローバルベンチャーキャピタル。消費者/新規小売、ソーシャル/インターネット、エンタープライズ/クラウド、スマートテックの各セクターにシードから成長段階まで投資。

※2 monashees : HP https://monashees.com.br/en/
新しい世界の為の革新的なソリューションに取り組む起業家へ主に初期段階の投資をする目的で2005年にブラジルで設立されたグローバルベンチャーキャピタル。

※3 Y Combinator:HP https://www.ycombinator.com/about/
2005年に米国サンフランシスコに設立されたスタートアップアクセレレーター。

※4 参照元:Contxto https://contxto.com/en/colombia/colombian-frubana-to-expand-operations-to-mexico-and-brazil/

※5 参照元:https://news.crunchbase.com/news/pivots-and-persistence-how-startups-in-latin-america-are-finding-ways-to-survive-the-current-crisis/

“FRESCO”は、1人の人が代表して家族、友人、近所の人のオーダーをまとめて発注・配達し、パンデミックで取り残される人が無い様に助けるプラットフォーム。

※6 参照元:Medium https://medium.com/lightspeed-venture-partners/frubana-the-everything-store-for-latams-restaurant-industry-2336b081a9c6

※7 参照元:FORBES https://www.forbes.com/sites/rebeccaszkutak/2021/06/01/restaurant-tech-startup-frubana-was-able-to-triple-its-sales-during-the-pandemic/?sh=3d477d202f90

最新情報をチェックしよう!