『NEON』手数料ゼロのブラジル発祥のデジタルバンク(ネット銀行)

NEONはブラジルのフィンテック・スタートアップである。

サービス概要

 

ブラジル発祥のNEONは、ブラジルのデジタルバンクで、全てがスマホ一本で完結できる。

スマホにアプリをダウンロードすることで、口座開設から入出金、振込、支払、貯蓄、管理などができる上、顧客は、クレジットカード加入、デビットカード発行、個人向けローンのサービスも受けられる。さらに個人事業主向け法人口座も用意されている。

NEONの売りは、引落以外の銀行サービス手数料がゼロ、さらにカード年会費もゼロ。口座維持手数料やククレジットカードの年会費が高い既存銀行からの乗換えが増加している。

企業基本情報

起業家情報

 

創業者兼CEO:Pedro Conrade
出身:ブラジル
学歴:
2011年-2014年 Fundação Getulio Vargas
学位Bachelor of Business Administration
2012年―2012年 Babson College
Babson Entrepreneurship Program
2021年―現在 Harvard Business School
Owner /President Management (OPM60)専攻

職歴:
2014年12月-現在 NEON創業者兼CEO
2020年2月-現在 Endeavor エンデバー・アントレプレナー
参照元:LinkedIn
https://br.linkedin.com/in/pedroconrade/en

会社概要

企業価値:不明
本社:ブラジル サンパウロ市
サービス提供国:ブラジル
従業員数:約800人
ホームページ:https://neon.com.br/
Facebook:https://www.facebook.com/timeneon
インスタグラム: https://www.instagram.com/timeneon/
トゥイッター: https://twitter.com/timeneon
推定資金調達額合計:420.3Mドル (参照元:Crunchbase)
https://www.crunchbase.com/organization/banco-neon

事業沿革

2014年12月  プレシードラウンド資金調達額不明(リード:Distrito Ventures)
2015年1月 創業者Pedro ConradeがプリペイドカードのスタートアップControlyを創立
2015年12月 シードラウンド$3.5M資金調達(リード:Distrito Ventures)
2016年7月 ControlyとBanco Pottencial銀行のジョイントベンチャーとしてNEON創立(※1)
2018年5月 解散処分になったBanco Pottencialに代わって、Banco Votorantimと提携(※1)
2018年5月  シリーズAラウンド$22M資金調達(リード:Flourish Ventures)
2019年9月 ブラジルのスタートアップMEI FÁCILを買収し、法人へのサービス参入(※2)
2019年11月  シリーズBラウンドR$400M資金調達(リード:Banco Votorantim)
2020年7月 ブラジルの証券会社Magliano Investを買収(※3)
2020年9月 シリーズCラウンド$300M資金調達(リード:General Atlantic, Blackrock, Vulan Capital, Endeavor, Catalyst, Paypal Ventures)
2020年11月 ブラジルのスタートアップConsigaMais+を買収し、個人向けローンへの参入(※4)

市場背景

ブラジルの銀行は、高くて不透明な手数料を取る上に、待ち時間が長いという悪評で有名。さらに月額の口座維持手数料も高いので、口座開設を断念する人も多い。

そんな中、口座維持手数料ゼロ、待ち時間なし、24時間365日どこにいても対応できるデジタルバンクの出現で、従来型銀行から乗換える人が年々増加している。

2021年5月の調査によると、ブラジルのデジタルバンク大手7社の口座数は8200万(※5)。専門家は今後も増加すると予測する。

マネタイズの方法

NEONが提供する銀行サービスの多くが手数料ゼロ。これが従来の銀行と大きく異なる点であるが、主な収入源は下記の通りである。

• NEON発行のクレジットカード決済金額の1%を手数料として事業主から徴収
• クレジットカードの利息
• 個人向けローン
• 投資

もともと決算などの手数料収入中心のサービスが基軸であったが、個人向けローンなど、金利収入のサービスにも拡張して、収益拡大を図っている。

口座開設数

NEONは、最初、Controlyというプリペイドカードのスタートアップとして創業し、2016年にデジタルバンクになった。サービス開始から48時間内で5000口座開設。2018年に提携銀行の解散・交代など、顧客を心配させる事件があったにもかかわらず、2019年から2020年の一年で顧客数が3倍になり、950万口座になった。(※6)2021年5月末の時点では、1100万口座。ブラジルのデジタルバンク口座開設数ランキングでは3位にランキングしている。(※5)

今後の展開

NEONは、1億人を超える中間層(Cクラス)をターゲットにしており、「中間層の銀行」になることを目指す。個人事業主(MEI)の大半が同階層であるため、2019年にはスタートアップMEI FACILを買収し、開業手続支援や会計などのサービスのほか、MEI対象の法人口座も提供する。今後も中間層向けのローン商品の充実、M&A、従業員増員に力を入れていく予定。(※6)

【参照】
※1 参照元 NEON
https://focanodinheiro.neon.com.br/novidades/diferenca-neon-pagamentos-banco-neon?utm_source=referral&utm_medium=faq&utm_campaign=perguntas-faq&utm_content=diferenca-neon-pagamentos-banco-neon

※2 参照元G1
https://g1.globo.com/economia/pme/noticia/2019/09/17/neon-pagamentos-compra-mei-facil.ghtml

※3 参照元 Valor
https://valorinveste.globo.com/mercados/renda-variavel/empresas/noticia/2020/07/16/neon-fecha-a-compra-da-magliano-invest-a-corretora-mais-antiga-do-mercado.ghtml

※4 参照元 Valor
https://valorinveste.globo.com/mercados/renda-variavel/empresas/noticia/2020/11/19/neon-compra-consigamais-plataforma-de-consignado-para-setor-privado.ghtml

※5 参照元 Poder360
https://www.poder360.com.br/economia/maiores-bancos-digitais-tem-82-milhoes-de-contas-em-2021/

※6 参照元 Revista Veja
https://veja.abril.com.br/economia/com-r-16-bi-em-caixa-neon-quer-roubar-clientes-dos-grandes-bancos/

最新情報をチェックしよう!